開発環境準備編

作業フォルダ

ウェブファイルの保存フォルダ

 皆さんがウェブページにアクセスしようとすると、ブラウザはサーバーに対し、HTMLやCSSなどのファイルを送信するようリクエストを送ることはすでに確認しました。リクエストを受けたウェブサーバーは、要求されたHTMLやCSSのファイルをクライアントに送ります。下の図のようなイメージです。
 ところでこの時、ウェブサーバーはリクエストのあったファイルをどうやって探すのでしょうか。サーバーコンピュータの中を片っ端から探すような大変なことはしません。実はウェブサーバーには「リクエストがあったらこのフォルダ(ディレクトリ)からファイルを探しなさい」と設定されています。そして、そのフォルダの中に、リクエストされたファイルがあればそれを選んでクライアントに送り返すわけです。

  

Xamppの場合の保存フォルダ

 このことは仮想サーバーを作るXamppでも同じです。Xamppの起動のところで確認しましたが、XamppでApacheをスタートし、ブラウザで「http://localhost/」と指定すると、「XAMPP」というロゴのページが表示されました。これは、ブラウザからXamppの仮想サーバーにリクエストが伝えられ、あらかじめ指定されたフォルダの中のファイルが表示されたわけです。
 それではその指定されたフォルダがどこにあるかというと、保存されたXamppフォルダの中にあります。「htdocs」というフォルダがその指定のフォルダです。エクスプローラでhtdocsフォルダを開いて見ると・・中は意外とゴチャゴチャ。いくつかのフォルダとファイルが保存されています。これをそのまま開発用の作業フォルダにすることもできますが、やや雑然として見づらい。そこで作業フォルダを作ることにしましょう。
 エクスプローラでhtdocsフォルダを開いた状態で、エクスプローラのメニューから[ホーム]-[新しいフォルダー]とするか、htdocsフォルダのファイル一覧の何もないところで右クリック。ポップアップメニューから[新規作成]-[フォルダー]と選択して下さい。「新しいフォルダー」が作成されますので、名前を変更します。このテキストではPHPの基礎を学ぶということで「phpkiso」としています。以下のイメージです。

  

関連リンク



SPONSORED LINK





ページのトップへ戻る
SPONSORED LINK