開発環境準備編

XAMPPの導入

フリーソフトXAMPP(ザンプ)

 PHPの開発のために仮想サーバーを設定するソフトが、Xampp(ザンプ)というフリーソフトになります。Xamppは、ウェブアプリケーションの開発と実行に必要なソフトを一つのパッケージにまとめたフリーソフト。apachefriends.orgから提供され、Windowsにも、macOSにも対応しています。
 パッケージには、Apache(Webサーバー)、MySQL(SQLデータベース、現行はMariaDB)、Webアプリケーション開発言語のPerlとPHPとその管理ツールなどが含まれますが、Xamppという名前もこれらの中心的なソフトの頭文字からできています。

  X:クロスプラットフォーム(WindowsでもmacOSでも使えるということ)
  A:ApacheのA
  M:MySQL(MariaDB)のM
  P:PerlのP
  P:PHPのP

 ということでXamppを導入していきましょう。

その前にファイル拡張子の確認

 Xamppの導入に入る前にファイル拡張子の表示を確認します。ファイル拡張子というのは、ファイル名についている「~.html」とか「~.exe」とか「~.php」とか「~.txt」といったやつです。エクスプローラーでパソコン内のファイルを見て下さい。ファイル名の拡張子は見えていますか?見えていればOK。下の「インストールverとポータブルver」に進んで下さい。
 ですがもしファイル拡張子が見えてないなら、それは最近のパソコンが持つ、拡張子を表示しないようにする「小さな親切、大きなお世話」な機能のせいです。見えるように設定しましょう。ファイル拡張子が見えないと、Xamppの設定でどのファイルを実行すべきかわかりにくいですし、PHPプログラミングでもファイル種別の区別が必要になります。
 Windowsのバージョンで違いますが、最近のバージョンならエクスプローラーを開き、そのメニューから「表示」を選択すると、その中に「ファイル名拡張子」というチェックボックスが現れますので、チェックをつけます。古いバージョンの場合はググって調べて下さい。


SPONSORED LINK


インストールverとポータブルver

 Xamppには、普通にパソコンに設定するインストールバージョンの他に、ポータブルバージョンのXampp portableがあります。1台のパソコンだけでXAMPPを使ってプログラミングするならインストールバージョンでOK。ただ、複数のパソコンでXAMPPを使いたい場合、例えば、家のパソコンだけでなく職場や学校のパソコンでも同じ環境でプログラミングしたい場合はXampp portableが便利です。これを使えばUSBメモリのような外部メモリの中に開発環境を設定することができます(500MB程度の空き容量が必要)。Xamppを設定したUSBメモリを持っていれば、それを挿しかえることでどのパソコンでも同じ開発環境を使えるようになります。

 ダウンロードは、Apache Friendsのページから行います。最新版だけでなく古いバージョン、ポータブルバージョンもここからダウンロードできます。最新版をパソコンにインストールする場合と、ポータブルバージョンをUSBメモリなど外部メモリに設定する方法を分けて書きます。

●最新版をパソコンにインストールする場合
 最新版ならApache Friendsのページの中段のリンク「Windows向けXampp」とか「OS X向けXampp」をクリック。「xampp-バージョン名-installer.exe」といった名前のインストールファイルがダウンロードされたらそのファイルをダブルクリックして実行します。
 あとは指示に従いますが一点。Xamppの保存先は、パソコンであれば、CドライブやDドライブなどのドライブ直下にして下さい(バージョンにもよるかもしれませんがうまく動作しないことがあります)。つまり、次のような保存先ならOKです。
  C:¥xampp
  D:¥xampp
 一方、ドライブ直下でない以下のような保存先はダメです。
  C:¥program files¥xampp
  D:¥My Document¥xampp

●ポータブルバージョンをUSBメモリに設定する場合
 ポータブルバージョンはApache Friendsのページの少しわかりにくいところにあります。Xampp portableのダウンロード先は以下の順で探してください。
  1. Apache Friendsのページの上部にあるメニュータブで「ダウンロード」を選択(ページ中段のリンク「~向けXampp」ではありません)。
  2. 異なるOS向けに「Xampp for Windows」とか「Xampp for MacOS」とか表示され、それぞれいくつかのバージョンへのリンクが表示されます。
  3. ダウンロードしたいOSの領域をよく見ると「More Downloads>>」というリンクがあるのでクリック。
  4. 「sourceforge.net」のダウンロードページにジャンプするので、そこで「XAMPP Windows」とか「XAMPP Mac OS X」とか適切なリンクをクリック。
  5. バージョンの番号、例えば「7.2.10」のようなものがズラりと表示されるので、一番上にある最新のリンク(もちろん過去バージョンが欲しい場合は別のリンク)をクリック。
  6. xamppのリンクが複数表示されますので、その中から「xampp-portable」を探します。ポータブル版はインストールが不要なので「xampp-portable~.zip」という圧縮ファイルを選ぶと良いでしょう。

 「xampp-portable~.zip」という圧縮ファイルがダウンロードできたら、圧縮解凍ソフトなどを使って解凍します。解凍されると「xampp」というフォルダができますので、これをUSBメモリにコピーします。その際、FドライブやGドライブなど、USBメモリのドライブ直下にコピーして下さい。正しい保存先は次の通りです。
  F:¥xampp
  G:¥xampp
 一方、ドライブ直下でない以下のような保存先はダメです。
  F:¥program¥xampp
  G:¥学習用¥xampp

 なお、USBメモリにXamppを設定した場合のイメージは以下の通りです。USBメモリの中で仮想サーバーが動いている様子を思い浮かべていただくと良いと思います。
  

関連リンク



SPONSORED LINK





ページのトップへ戻る
SPONSORED LINK